every day is good day

〜日々これ好日〜
エルバーンナイトのヴァナライフ
Link Free
Comment Free
Trackback Free


<< アルテマでスキル上げ | main | 暇がね >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
死にエリアの活用法
基本的にFFの世界ではフィールド及びダンジョンで敵と戦い、町へ帰って補給や休息を取るスタイルになってます。

しかし、敵と戦うには適さないフィールドもあるわけで『このエリア3人しかいないぞ!』なんてことも起こる訳です。

これは非常にもったいないじゃないですか。
なので死にエリアの活用法を考えてみました。

1、レベル差無く楽しめる。
2、人がかたまらない(重くなるから)
3、エリアをフル活用

以上の条件をふまえ考えついたイベントとは

モーグリプレゼンツばらまきクイズ!
ちゃっちゃちゃっちゃらちゃらっちゃら♪
ちゃっちゃっちゃっちゃらちゃらっちゃら♪

エリアにモーグリが出現、エントリーをしてゲームが始まるとレベルが1になり、ハバムートさんが上空を舞いエリアの隅々にカードをばまらまきます。
敵には襲われない仕様になっているので安心して走り回って下さい。
カードを見つけたらモグに渡します。
問題を見事とけばポイントになり一番多い人がクイズマスターの称号を獲ます。
なおカードの半数にはスカがあり、モグに『これはなんと読むくぽー』とかいわれますのでご注意ください。

ある年代には大ウケだと思うんだけどな
いかがでしょう?
| viita | - | 12:56 | comments(4) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 12:56 | - | - |
「もう一回走るクポー」とかもw

そして景品はエクレアの「マルバーツハット」あたりでwww
| 革屋 | 2006/03/25 10:57 AM |

apuroがここへviitaとここまで安心した?
| BlogPetのapuro | 2006/03/27 11:33 AM |

敗者復活も実装希望。
| すた | 2006/03/27 1:56 PM |

>革屋さん
モーグリがくるくる回りながら言うんですよね〜
殺意が湧く瞬間
「マルバーツハット」は意外と人気を呼ぶのではないかと
思われます。

>すたさん
そうなると当然罰ゲームがありますよね
一日へヴィとか(かなり嫌)
| 管理人 | 2006/03/29 11:06 PM |










http://viita.jugem.cc/trackback/426
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
戦う司書と恋する爆弾 BOOK1(集英社スーパーダッシュ文庫)
戦う司書と恋する爆弾 BOOK1(集英社スーパーダッシュ文庫) (JUGEMレビュー »)
山形 石雄
最近のツボなシリーズ。
古くからの友人に『コイツがお気に入りなんだろ』と図星を指され、その態度が気に入らなくて一発かましてやりました。
そんな事を言ったらどうなるか学習してほしいわ。

このページの先頭へ